旅立ちの日2016/11/13

いよいよ今日です。


家を出る前の悠くんの様子ですが・・・・
機嫌がよく早く行きたいようです。
(ここ10日ほどすごくご機嫌がよく笑いが止まらないということ
も何度かありました。)

荷物の準備をばたばたしていると行きたそうな様子なので
「まだ~。待っててね」と声をかけると、『待つ』のマカトンをしてから
『ほめて(頭をなでるしぐさ)』をしてしました。
早く行きたいけど我慢して待ってるという意味です。
新しい場所を楽しみにしてくれている様子です。



明日のスケジュールは貼っていません。
今日で終わりです。

サリーが毎日毎日貼り変えて伝えてきたスケジュールも
もうこれで終わりです。


悠くんがサリーから離れて、支援してくれる人たちの中で生活して行く
スタートの日です。



パパが運転する車でO施設に向かいました。

途中コンビニに寄りました。
サリーだけ買い物に降ている間、車の中で待っている悠くんが
ブックを開けて『O施設』を示して「O施設行くよね?」と
聞いてきたようです。

「車でO施設」と予告したあっただけで、コンビニ寄ると伝えてなかったので
ちょっと不安になったようです。


O施設に付いてお部屋に入って、家から持ってきた悠くんの生活用品をセッティング。
いつも使っていた棚を置いて、そこにいつもどおりにプレイヤーを置いて、
ビーズやテーブルが次々とセットされるのをニコニコと見ていました。

セットし終わると、早速悠くんは音楽をかけて座椅子に座ってビーズを
テーブルに並べて遊び始めました。

横にあるベッドにごろんと横になってくつろいだり、笑い声が出ることも
ありました。


おやつタイムは、予告してあったとおりにぱりんこ1袋とお茶1杯
お昼ごはんはっさと全部食べてご褒美を要求することもありませんでした。
しっかりと理解してくれていたようです。
予告したあったとおりに問題なく終わりました。


パパとサリーが帰る時に悠くんに「帰るからね~」と声をかけると
ベッドでくつろぎながらバイバイをしてくれました。



心配することは全くなさそうです。
事前にいろいろと予告したことを全部理解してくれているようです。



悠くんはもう家には連れ帰らないつもりでいます。
一応、来年のカレンダーにも全ての月に「家に帰りません」と貼って伝えました。


悠くん重度の自閉症です。
あっちとこっちの二重生活ではきっと混乱するでしょう。

家の生活は食事の時間も寝る時間も家族のペースで進んでいます。
施設の規則正しい生活と、家での家族の都合でいろいろと変化する生活との
ズレは悠くんにはしんどいだろうと思います。

それに・・・
たまに帰る家はきっと変化していて悠くんが思っていたものと
違っているでしょう。



あとは・・・・
支援してくれる人たちに可愛がられて生きていってくれることを願うだけです。