スケジュールボードについて2016/03/31

だいたい毎日同じようなことをするので、わざわざスケジュールで
伝えなくても見通しは持てます。
ですので・・・
いつものことはついつい伝えないでしまっていることも多いです。

でもスケジュールボードは必要です。
悠くんに予定を伝えるためなのはもちろんですが・・・
それだけではなくコミュニケーションをとるためには絶対に必要です。

誰かと会話する時に時間の流れが入らない会話って
ほとんどないんじゃないでしょうか・・・
「いつする? 今? 後?」
「それもうちょっと後にして、こっち先にしない?」
「ちょっとまって。もう少し後で」
などなど・・・・

ちょっとしたやり取りの中にはかならず時間の流れを表す言葉が入ります。
その時間の流れを示すものがスケジュール(カレンダーも含む)です。

やり取りをしようと思ったら活動そのものだけでなくその位置
(いつのとこなのか)を示す時間を流れを示すものが必要です。

活動だけをカードで示しても伝わりません。
視覚的に見せて伝えないいけないのは、その活動のカードとカードとの
繋がりの部分です。
その活動の繋がりや時間的な位置を視覚的に示さないと
全く伝わりません。

なのでスケジュールボードはコミュニケーションを取るためには
絶対に必要なものだと思います。


スケジュールボードは悠くんとコミュニケーションを取るためのベースに
なるものと思っていますので、普段はあまり予定を伝えるために使っていなくても
やり取りに必要な時にはすぐに使えるようにスケジュールボードは
常に貼ってあります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
お手数をおかけしますが回答欄に「樹」と1文字入れてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://sally.asablo.jp/blog/2016/03/31/8061220/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。