スタート地点に戻って・・・【薬の再調整】2016/05/12

ロドピンを飲まなくなってからものすごく穏やかになりました。
もう一度初めに戻って悠くんの薬を再調整しようと思います。

ロドピンを処方される前の処方に戻してもらって
そこから調子が悪ければ増やしていくということにしたいと思います。


実は今のクリニックに変えたのは悠くんが20歳になった頃です。
いろいろな手続きが必要になった時に診断書などが必要で大学病院では
面倒なのと小児科だったのとで、今のクリニックに変えました。

最初に診断書をお願いした時に、「落ち着きがないね。」と言われたことと、
「大学病院のように予約しなくていいので、すぐに診断書が出せるし
薬もすぐに変更しやすいよ」と言われたことです。

今思えば、「落ち着きがないね」は自分のところに来させるために
適当に言ったんじゃないかと思いますが・・・・


支援学校高等部から生活介護の施設に変わって2年ぐらいは
特に他傷も出ることなくすごくおとなしい悠くんでした。
そのクリニックに変わるまでは・・・・


なので、いったんその頃の処方に戻してもらい、そこからスタートしたいと思います。
(薬を出してもらっていたのは大学病院の小児神経科ですが、最初に
処方をしてもらったのは枚方市にある府立精神医療センターです。)




リスパダールとテグレトールはそのまま同じ量です。
ヒルナミンが250mgから1/5の50mgに減らしました。
デパケンと抑肝散を無しにしました。

大学病院の頃はこれにそれぞれの副作用止め(アキネトン、ピレチア)が
処方されていたのですが、飲まなくても大丈夫のようなので
そのは無しのままです。

かなり減らしました。
減らした分が抜けるのに1週間ぐらい掛かるだろうということです。
でももしこの量でいけるのなら、活動に支障が出るほどの眠気が
なくなるはずです。
登園後に眠くて横にならないといけないということがなくなる
はずなので、この量でいけるといいなぁと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
お手数をおかけしますが回答欄に「樹」と1文字入れてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://sally.asablo.jp/blog/2016/05/12/8088239/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。