どこまで伝わるか・・・2016/10/29

月末が近づいたからでしょうか?
来月のカレンダーの予定を気にし始めました。

13日の転居日を気にしてます。
カレンダーで「O施設、家×(O施設に行きます。家には帰りません)」と
貼ってある13日を示して確認してきます。

貼ってある転居日のスケジュールで伝えると、次はカレンダーで
翌日14日を示して確認してきます。
月曜日のスケジュールを伝えると、次は15日と順に転居日からのスケジュールを確認してきます。
結局13日から月末まで確認してきました。

12月のカレンダーもめくって確認するので、「全部、お家に帰りません」と
伝えましたが・・・どこまで伝わったでしょうか。


今までもキャンプやショートステイなどで利用して何日か外泊することはありましたが、
必ず家に帰ってきました。
今回も悠くんは・・・「いつまで??」と思っているのかもしれません。

もう少し解りやすい伝え方はないのかなぁ・・・・と思いますが
サリーには思いつきません。



曜日に対応させてスケジュールを貼ってますが・・・
悠くんやはり曜日はわからないようです。
曜日を色分けしたのは一番最初に週間スケジュールを使い始めた
小学1年生の頃からです。
その頃からずっと日にちや曜日を入れてきましたが・・・
悠くんには意味がないものだったようです。
悠くんとって必要な情報ではなかったということですね。

悠くんが曜日や日にちを頼りにしてくれるような・・・
必要だと思ってもらうようなアプローチをサリーがしてこなかった
というほうが正しいのかもしれません。
どうすれば悠くんが日にちや曜日を頼りにしてくれるのかを
思いつきませんでした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
お手数をおかけしますが回答欄に「樹」と1文字入れてください。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://sally.asablo.jp/blog/2016/10/29/8238421/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。